Carbon Neutral World With You

The Computing Limitedは中央アジア地域を中心に
水力発電やBlockchain及び高効率発電技術などの
最先端の技術を利用した「Data Center運営」と
「再生可能エネルギーのインフラ再整備」等の事業を
展開している企業体です。

Where Headed

私たちは、地球温暖化対策と成長戦略を併せた
「グリーン成長戦略」や「GX構想」を推進し、
社会や環境、そしてグローバルに貢献する事を
目指します。
CEO

潘 忠信

浙江省温州出身
広島県在住

 

ムロオシステムズ社長/Triple-1取締役
広島/東京でシステム開発やSIを中心としたICT起業家
BlockchainのDCのEPCの統括責任者

COO

二宮 暢昭

福岡県出身
東京都在住

 

2022年までSoftBankに勤務
国際事業本部/事業開発本部やSBCloudの社長室長を歴任
(事業開発,事業計画,PMI,PM,資金,S/H MGT)
現在Blockchainや再生可能エネルギーのステークホルダーマネージメント

How Methods

水力発電
x
Data Center
x
グリーンブロックチェーン

を 中央アジア地域等で 領域展開

水力発電

60000000

発電能力

Data Center

20000

サーバー設置台数

マイニングマシン

365

24時間稼働日数

What Performance

Blockchainやメタバース等の加速により、世界の
Data Center消費電力需要は増大し続けています。

中央アジア地域等と事業や外交を通じ、老朽化が進む
水力発電設備の更新や電力事業への投資を積極的に行い、
余剰再生可能エネルギーを活用したData Centerを
隣接して設立する事で、現地雇用と地域経済のさらなる
発展や持続可能な社会づくりに貢献します。
水力発電
水力発電
Data Center

THE COMPUTING LIMITED

LEVEL 19,
TWO INTERNATIONAL FINANCE CTR,
8 FINANCE STREET, CENTRAL, HONG KONG

> 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

当社は、経営理念の実現に向け、お客さまのニーズにあった製品・サービスを安全に提供し、お客さまとの高い信頼関係を確立することに努めています。当社が製品・サービスを提供するうえで必要な情報資産や、お客さまからお預かりする情報資産を、情報セキュリティ上の様々な脅威から保護することが重要であると考えます。

1.

当社は、情報セキュリティに関するお客様との契約、及び法的または規制要求事項を尊重し遵守します。

2.

当社は取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じます。

3.

当社は、マネロン等を目的とするお客様や取引等を排除するため、取引時確認、モニタリング 及び取引記録の作成等により、取引関係の開始時、継続時、終了時の各段階で適時適切な措置 を講じます。

4.

当社は、情報セキュリティ上の事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、是正処置を速やかに講じます。

5.

当社は、外部からの不正侵入、コンピューターウィルス感染等に対して最善の注意を図り、管理運営に努めています。

以上

> 反社会的勢力への対応

反社会的勢力への対応

反社会的勢力への対応についての基本方針

当社は、市場の健全性・公平性の確保及びお客様と従業員の安全確保のために、暴力団、暴力団関係者などの反社会的勢力の排除に向けた体制を整備するとともに、組織的な対応を行うことにより、これら勢力と一切の関係を断絶します。

1.

当社は、反社会的勢力との取引を一切行いません。

2.

当社は、すでに当社グループと取引をしている方が反社会的勢力であることが判明した場合は、取引の解消に向けた適切な措置をすみやかに講じます。

3.

当社は、反社会的勢力への資金提供は一切行いません。

4.

当社は、反社会的勢力からの不当要求には一切応じません。反社会的勢力による不当要求が認められた場合には、民事上もしくは刑事上の法的対応を行います。

5.

当社は、反社会的勢力の排除に関し、平素より警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等関係外部機関と緊密な連携関係を構築してまいります。

> マネーロンダリングに関する基本方針

マネーロンダリングに関する基本方針

当社は、マネーローンダリング対策に 関する基本方針を以下のとおり定め、適用される関係法令等を遵守すると共に、内部管理態勢の 整備を図ります。

1.

当社は、マネーロンダリング等対策を経営の重要課題と位置づけ、代表取締役をマネーロンダリング等対策の責任者とし、マネーロンダリング等対策に取り組みます。

2.

当社は、リスクベース・アプローチの考え方に則り、マネーロンダリング等のリスクについて、リスクの 特定、評価、低減等の適切な措置を講じます。
また、お客様との取引を定期的に調査及び分析し、当該措置の見直しを図ります。

3.

当社は、マネーロンダリング等を目的とするお客様や取引等を排除するため、取引時確認、モニタリング 及び取引記録の作成等により、取引関係の開始時、継続時、終了時の各段階で適時適切な措置を講じます。

4.

当社は、各部署からの報告や取引モニタリングの結果により検知した「疑わしい取引」を適切 に処理し、当局へ速やかに届出いたします。また、経営陣との情報共有を図るため、取締役会 において、「疑わしい取引」の届出状況及び届出事由について報告します。

5.

当社は、マネーロンダリング等対策の状況について定期的に監査し、その結果を踏まえて、内部管理態勢 の改善に努めます。

以上

© 2022 The Computing Limited.

THE COMPUTING LIMITED

LEVEL 19,
TWO INTERNATIONAL FINANCE CTR,
8 FINANCE STREET, CENTRAL, HONG KONG

> 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

当社は、経営理念の実現に向け、お客さまのニーズにあった製品・サービスを安全に提供し、お客さまとの高い信頼関係を確立することに努めています。当社が製品・サービスを提供するうえで必要な情報資産や、お客さまからお預かりする情報資産を、情報セキュリティ上の様々な脅威から保護することが重要であると考えます。

1.

当社は、情報セキュリティに関するお客様との契約、及び法的または規制要求事項を尊重し遵守します。

2.

当社は取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じます。

3.

当社は、マネロン等を目的とするお客様や取引等を排除するため、取引時確認、モニタリング 及び取引記録の作成等により、取引関係の開始時、継続時、終了時の各段階で適時適切な措置 を講じます。

4.

当社は、情報セキュリティ上の事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、是正処置を速やかに講じます。

5.

当社は、外部からの不正侵入、コンピューターウィルス感染等に対して最善の注意を図り、管理運営に努めています。

以上

> 反社会的勢力への対応

反社会的勢力への対応

反社会的勢力への対応についての基本方針

当社は、市場の健全性・公平性の確保及びお客様と従業員の安全確保のために、暴力団、暴力団関係者などの反社会的勢力の排除に向けた体制を整備するとともに、組織的な対応を行うことにより、これら勢力と一切の関係を断絶します。

1.

当社は、反社会的勢力との取引を一切行いません。

2.

当社は、すでに当社グループと取引をしている方が反社会的勢力であることが判明した場合は、取引の解消に向けた適切な措置をすみやかに講じます。

3.

当社は、反社会的勢力への資金提供は一切行いません。

4.

当社は、反社会的勢力からの不当要求には一切応じません。反社会的勢力による不当要求が認められた場合には、民事上もしくは刑事上の法的対応を行います。

5.

当社は、反社会的勢力の排除に関し、平素より警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等関係外部機関と緊密な連携関係を構築してまいります。

> マネーロンダリングに関する基本方針

マネーロンダリングに関する基本方針

当社は、マネーローンダリング対策に 関する基本方針を以下のとおり定め、適用される関係法令等を遵守すると共に、内部管理態勢の 整備を図ります。

1.

当社は、マネーロンダリング等対策を経営の重要課題と位置づけ、代表取締役をマネーロンダリング等対策の責任者とし、マネーロンダリング等対策に取り組みます。

2.

当社は、リスクベース・アプローチの考え方に則り、マネーロンダリング等のリスクについて、リスクの 特定、評価、低減等の適切な措置を講じます。
また、お客様との取引を定期的に調査及び分析し、当該措置の見直しを図ります。

3.

当社は、マネーロンダリング等を目的とするお客様や取引等を排除するため、取引時確認、モニタリング 及び取引記録の作成等により、取引関係の開始時、継続時、終了時の各段階で適時適切な措置を講じます。

4.

当社は、各部署からの報告や取引モニタリングの結果により検知した「疑わしい取引」を適切 に処理し、当局へ速やかに届出いたします。また、経営陣との情報共有を図るため、取締役会 において、「疑わしい取引」の届出状況及び届出事由について報告します。

5.

当社は、マネーロンダリング等対策の状況について定期的に監査し、その結果を踏まえて、内部管理態勢 の改善に努めます。

以上

© 2022 The Computing Limited.

お問い合わせ